心の相談 2016年度講座 カウンセラー希望 気功セラピー 所長プロフィール
書    籍 間近なイベント情報 長編論文・その他 ブログ



誰にも言えない心の苦しみ…私たちに相談してみませんか?








心の相談・カウンセリング


東京心理相談 悩みのカウンセリング室
個人カウンセリング 電話相談.


あなたは一人で悩んでおられませんか。
次のような症状で悩んでいませんか。


対人関係で悩んでいる。ストレスで悩んでいる。外に出られない。赤面恐怖症。他人が怖い。
いつも心が重い。体が疲れてしょうがない
頭痛がする。心臓が苦しくなる。下痢してしまう。子供のことで悩んでいる。家族のことで悩んでいる
職場で悩んでいる。何をしてよ いか分からない。心身共に悩んでいる。過去のことが気になっている。

このような方はぜひ個人のカウンセリングや心理療法を受けてください。

カウンセリングはどのようにうけたら良いのでしょう。
気功療法も行っています

カウンセラーの資質が大変重要になります。十分な経験と資格を持った方に
面接することが必要です。
一度だけで終わっても結構です。一般には、1週間に一度ぐらいの間隔で
電話や個人的に面接を受けることが普通です。
その前に予約の電話をしてください。留守電話の場合にはちらからご連絡します。
名前と電話番号を入れてください。
カウンセリングは1回60分を基準としていますが
カウンセリングの中で気功を同時に行う場合もあります。

何回ぐらい続けたら良いでしょう。
その人の希望によって1回でも結構ですが、おすすめすることは6回ぐらいは続けることが
大変効果的です。精神的な悩みは、長い間 のことですから。
各回ごとに続けることも一つの方法です。


カウンセリングはどのように行われるのでしょうか。
一般のカウンセリングは、相談者の話をカウンセラーがよく聞き、
カウンセラーが感ずるところで応答していきます。
大事なことは、クライエントの悩みというのは大変深いもので、それをどのように
理解するかが大変重要なことです。その力量によって
クラ イエントの回復が大分異なるからです。
無理に、クライエントに話してもらうことはありません。あるいは特別言いたくないことを
話さなければならないということもありませ ん。しかし、できるだけ
今まで他の人に話せなかったことを話すことが大変効果的です。

心理療法的なカウンセラーの特徴

一般にカウンセリングという場合には、いろいろな相談を含んでいますから
心理的なことだけではありませんが、心理療法として行ってい るカウンセラーは
むしろそのことより心の葛藤に中心が置かれています。
一、二度と続けている間に不思議に心が軽くなることが多いのです。そうすると、
今度は自分の行動が積極的になってきます。数回のカウンセリングだけで
そのようになる方もずいぶんおります。


カウンセラーはどのような資格を持っているでしょうか。
当研究所でのカウンセラーは大須賀克己 所長ですが、
日本では最も古い歴史を持ったカウンセリング研究所であり、
世界的なカウンセラ ーであったカールロジャーズ博士のもとで
最も古く個人的に指導を受けた所長です。アメリカで7年以上のカウンセリング研究を行い、
さまざまな経験をしてきました。日本ではある大学の心理学講師も担当しました。
今新しい理論を世界的に提唱しています。


カウンセリングの効果はどのようになるのでしょうか。
むろん同じように申し上げることはできませんが、まず第一に心が明るくなって、
次第に自分自身の心の状態が理解されてきます。それによ って
自分の生活が見直され、同時にさまざまな症状が消失していくことが多いのです。
つまり新しい生き方を発見してくるのです。多くの人々は、自分自身の考えていることを表現できず
心の中で抑圧してしまうのです。この抑圧は、自己破壊になってしまいます。
それをカウ ンセラーによって理解され、吸収されると次第に心が動き出すのです。

心が成長する。
それからもう一つ大事なことは、心の病を直すことより、人間性が成長して行くことです。
これはどういう意味かと申しますと、今まで狭い自分であったものが、
他人とも接触できるようになって心が開かれ、さまざまなことを学 んでいきます。
それによって正常な大人として成長していくということです。
少なくともこのようなカウンセリングを受けることによって気持ちが楽になります。
自然な気持ちになってきます。あるいはリラック ス出来るといってもよいでしょう。
ですから行動する時には今までより積極的になってくるのです。
自分だけのことではなく、他人に対し ても
心が開かれていろいろと相手の心が理解できるようになります。

当研究所のカウンセラー。
日本グロースセンター所長 大須賀克己
元成蹊大学講師
米国カリフォルニア州公認カウンセラー

学会員
日本ペンクラブ会員。人間性心理学会員。その他保持。

申込方法
電話での受付:03−3993−1648にお電話ください。
留守電の場合は用件、お名前、電話番号をおしらせ下さい。後ほどご連絡します。
メールでも結構です。下記参照。

カウンセリングの時間。面接。
午前10時半より午後7時。
電話でもカウンセリングを行います。
午前10時半より午後9時まで。
留守番電話に入れていただいた場合には、お名前と電話番号を教えて下さい。
後ほどご連絡をいたします。


カウンセリング 料金。
各回60分 7000円。7回目は無料です。
その他ご要望に応じます。ご相談ください。
電話でも面接でも料金は同じです。


支払いの方法。
直接研究所にこられる方はカウンセリング直前にお支払いください。
電話の方は5日以内に現金書留かあるいは郵便振替口座でお支払いください。
郵便振替口座番号は00170−1−38001
日本グロースセンター 名義



日本グロースセンター<カウンセリング研究所>
当研究所では、年間に渡ってさまざまなカウンセリング研修会があります。
関心のある方はホームページをご覧ください。
道順。大江戸線、西武池袋線 豊島園駅で下車。どちらも徒歩約五分。
こられる方には道順を電話でもお教えします。





当カウンセリングセンターの特徴

当研究所の歴史は大変古く、個人のカウンセリングでは心の悩みを静かに聞いていく「クライエント中心療法」と呼ばれるカウンセリングを大事にしています。お話をつづけている間に元気になってしまうのです。

希望によっては、心だけでなく体を即座に癒していく「心気功療法」も行なっています。即座に心身の苦痛が消失することも少なくありません。これは当研究所で開発したものです。

西洋の知識ばかりではなく、東洋の考えも取り入れていますので広く深い方法です。グループではロジャーズ博士の理論を基礎にしたエンカウンターグループと呼ばれる深く自由に話し合える雰囲気で勉強します。カウンセリングを受ける人もカウンセラーを勉強する人にも、大変深い体験になります。

当センターのカウンセリング内容をご覧いただき有り難うございます

あなたは,大変心に深い関心を持っておられる方だと思います。しかし精神的治療を受けたいと考えているのでしょうか。あるいは、カウンセラーになることを希望されているのでしょうか。
どちらにしても、当研究所のカウンセリング治療体験やカウンセリング学習内容は外では得られない独自な内容を含んでいます。さまざまな経験から生み出された結果からでしょう。

悩んでいるかたで、次のような症状はありませんか
人に会うことに抵抗がある。 いつでも嫌なことばかり心に浮かんで人生が楽しくない。 時々体が緊張して苦しくなったり、慢性的に疲れる。 対人関係で苦しんでいる。 過去の嫌な記憶が消えない。 生きることに意味がないと感ずる。すぐに腹が立つ。 心身の調子が悪く会社に勤務することができない。 鬱の症状が襲ってきて、薬ばかり飲んでいる。クリニックや病院であまりよくなっていない。
以上のような症状のある方は、是非カウンセリング療法を受けてください
カウンセラーがあなたの心をどれほど深く理解できるかが決定的に重要なことです。簡単なようで大変難しいことです。当センターでは「実存的に理解することを大事にしていますから、他の研究所とは違いが大きいでしょう。
心ばかりでなく心身の苦痛があれば、希望により気功療法を行うことも出来ます。電話によって行うことも可能です。遠方の方には大変都合の良いことです。

カウンセラーになることを希望している方
日本でのカウンセラーは臨床心理学を中心に勉強している方が多いです。それは伝統的でありまた大事なことです。しかし実際にクライエント(悩んでいる方)を面接してみますと、それだけの勉強では不充分なのです。人間は、自然や大きな運命との出会いもあるからです。このような広い体験的勉強を当センターでは大事にしています。
当研究所で学んで行かれた方は、カウンセラーとして働く職場などにおいても大変評判がよく、重要な地位につくことが多いのです。カウンセラーは、カウンセラーだけの勉強では不十分だからです。
自分自身の健康を維持するためだけでも学んでいく意味があります。そのような勉強を大いに歓迎いたします。
日本グロースセンターの歩み
当センターが設立されたことには次のような流れがあります。所長である大須賀克己が人間の心に関心を持ってそれが次第にカウンセリングに発展しました。そればかりではなく、他のカウンセリングでは経験できない暖かい雰囲気があります。
心の深い所を理解する、実存的理解
実存的理解というのは、社会や常識にあまりとらわれないで、その人の本当の気持を理解することです。普通のカウンセリングではなかなか理解されないところを感じていくことです。ですから悩みを相談するクライエントが深い自分の気持ちを話すことができるのです。そこが治療の大事なところなのです。
.
東洋の考えも大事にしています
今カウンセリングでも東洋の考えが大事であることが分かってきました。西洋の考えと東洋の考えを統合していくことを最も主張している研究所です。
カールロジャーズおよびロイシエイハー博士との出会い
所長は世界的なカウンセラーであるカールロジャーズ博士との出会いがたいへん古く、個人的な指導を受けるために1964年に博士の研究所をおとずれ同時に大學に留学しました。ロジャーズ博士が特に重要なものとして始めた研修に、エンカウンターグループ(出会いのグループ)と呼ばれるものがあります。所長はそれを日本に広げるために努力しました。
所長はいろいろな体験をしながらカウンセリングを学び卒業しました。学校や病院は当然のこと、そこでカウンセラーのあり方を広い角度から学んで、世界で初めて日本のカウンセラーはどのような勉強をしたらよいか、について論文を提出ました。また大学では個人的に精神分析副会長であるロイシエハー博士に個人的に学びました。
エサレン研究所体験が大きい
その他、体を通して学ぶさまざまな研修を体験しました。特に世界的に有名であるエサレン研究所というところでは、バーナードガンサーというスタッフに招かれていろいろ学びました。1960年代ですからそこを訪れた日本人としては 一番ふるい体験者だと思います。ロルヒング、感覚覚醒の方法やゲシタルトセラピー、アレキサンダーテクニックといったことについても学びました。特にアレキサンダー本人から直接指導を受けたりしました。このような研修が最近日本でもだいぶ広がってきているようです。
1971年に帰国したのですが、それからはエンカウンターグループを中心にしてヨガや座禅などを取り入れながらカウンセリング研修を行って来ました。
「心気功療法」は所長の開発した独自な気功療法です
このような実践の途上において、中国の気功療法の素晴らしさに出会いました。常識では考えられない良い結果が現れました。とくに講演会の最後に多くの人々に対して集団気功療法を数分行いました。そのなかの何人かが心身の苦痛症状を持っていたのですが、その場で解消されてしまうことが少なくありませんでした。気功ブームの初期ですがこれらの経験を通して、何冊かの気功に関する著書を表しました。気功療法は個人カウンセリングの中で数分行いますと大変役に立ちます。
21 世紀にホリスティック(全体的)・カウンセリングを広めたい
今まで述べたように、常識では理解できないことが起きてくるので、それを科学的にいろいろ研究してまいりました。新しい科学の理解 が必要なのです。今までの自然科学を超えた量子力学の分野などに関係しているのです。ニューサイエンスと呼ばれています。それがようやく21世紀になって欧米の最先端の物理学者や心理学者たちが注目し始めたのです。目に見えない大きな力が宇宙には流れているということです。
企業組織の中でも活用してほしい
所長は企業の経験がありましたので、ある大学では産業心理学を教えることになりました。企業組織においても、このカウンセリングの考え方は大変重要な新しい意味を持っています。従って、経営者が真剣に考えるべきことであると思います。それによって組織や、そのなかの従業員たちが一体になって仕事に向かうことができるのです。そればかりではありません。計算を超えた気運についても良くなくてくるのです。
このようにして当センターにおいてはさまざまな勉強会がありますが1972年から日本において活動しておりますので大変永い歴史をもっております。現在のところ当センターは最も新しい考え方を持った研究所であると言っても良いでしょう。
協力いただいている先生方
 
  帯津良一(帯津三敬病院名誉会長)
  木村登紀子(聖路加国際大学名誉教授)
  小林彰(子供教育宝仙大学講師)
  野島一彦(跡見学園女子大学)
  早川千恵子(元神奈川大学学生相談室)
  林義樹(日本教育大学院教授)
  浪川昭子(元国立相模原病院総婦長)
  増田實 (カウンセリングルーム・みなと)
  村松司叙(元成蹊大学経済学部部長)
  永原伸彦(公益財団法人茨城カンセリングセンター副理事長)
  村山正治(21世紀研究所)
日本グロースセンターへの交通および地図
JR新宿駅より大江戸線、豊島園駅20分、下車徒歩4分、出口A2
JR池袋駅より西武池袋線、豊島園行き約15分、徒歩5分。
準急の場合は、池袋より西武線練馬駅で乗り換え、豊島園まで一駅です。


 地図
地図リンク


リンク集
人間関係研究会
日本人間性心理学会
NPOヒーリング・オアシス
NPO法人カラーアートセラピー協会
東京女性心理相談室
日本ペンクラブ
Body Quest
茨城カウンセリングセンター

エンカウンターカフェ 東京八王子本店

Balio Total Facilitate

日本グロースセンター カウンセリング研究所
所在地:176-0001 東京都練馬区練馬4-31-18
代表Tel:(03)3993-1648 Fax:(03)3993-2151
E-Mail: osuga-k@athena.ocn.ne.jp

All rights reserved.